ブログ

皆様のビジネスに役立つサイト運用やコンテンツマーケティングのノウハウを積極的に公開しています。

説得の三原則(ロゴス/パトス/エトス)【コンテンツづくりの三原則 第2回】

説得の三原則(ロゴス/パトス/エトス)【コンテンツづくりの三原則 第2回】

オウンドメディア運営において、コンテンツづくりは最大の肝です。 「コンテンツづくりの三原則」では、毎月1つのコンテンツづくりのテーマや目的を取り上げ、そこに紐づく3つのトピックを深掘りしていきます。 第2回は「説得の三原則」。オウンドメディアを運用するにあたって意識しておきたい「ロゴス」「パトス」「エトス」について解説します。 ...(続きを読む

2020年05月26日
コンテンツづくりの三原則
【#ナイルの本棚】2020年3~4月の紹介書籍まとめ

【#ナイルの本棚】2020年3~4月の紹介書籍まとめ

Content HubのTwitter(@cont_hub_com)で公開中の、ナイルのコンテンツチームが編集者/ライターの方々に役立てていただきたいおすすめ本を紹介する企画「#ナイルの本棚」。 Twitterの140字では紹介しきれないので、2020年3~4月にかけて公開した本のレビューを「増補改訂版」として改めてお届けします! ...(続きを読む

2020年05月08日
ナイルの本棚
「五反田計画」という名のサードプレイス

「五反田計画」という名のサードプレイス

五反田は、アメリカのシリコンバレーにならって「五反田バレー」と呼ばれ、IT企業やスタートアップ企業の一大集積地になっている。その名を冠した一般社団法人五反田バレーは、五反田を本拠地とする企業が、地域社会や企業とフラットな関わりを築き、イノベーションを生み出すヒト・モノ・コトのハブになることを理念に設立された。そして、社会問題を解決する...(続きを読む

2020年05月06日
コンテンツマーケティング
ファンダムの三原則(共有/熱意/共感)【コンテンツづくりの三原則 第1回】

ファンダムの三原則(共有/熱意/共感)【コンテンツづくりの三原則 第1回】

オウンドメディア運営において、コンテンツづくりは最大の肝です。 今回から始まる連載「コンテンツづくりの三原則」では、毎月1つのコンテンツづくりのテーマや目的を取り上げ、そこに紐づく3つのトピックを深掘りしていきます。 第1回は「ファンダムの三原則」。オウンドメディアの「熱狂的なファン」を獲得するために欠かせない、「共有」「熱意」...(続きを読む

2020年04月14日
コンテンツづくりの三原則
社会課題解決にオウンドメディアができることとは?日本IBM「Mugendai」

社会課題解決にオウンドメディアができることとは?日本IBM「Mugendai」

「Mugendai(無限大)」は、企業のエグゼクティブ層やリーダー層を中心に、最先端の情報と動向を提供していくオウンドメディアだ。世界中で起こるイノベーションを、テクノロジーと社会課題を通じて、さまざまな切り口で紹介する。 複雑化・多様化する現代社会において、グローバル企業の雄である日本アイ・ビー・エム株式会社は、いかにして企業や人々が...(続きを読む

2020年03月31日
コンテンツマーケティング
日興フロッギー(SMBC日興証券) vs  EL BORDE(野村證券)【オウンドメディア一本勝負!第7回】

日興フロッギー(SMBC日興証券) vs EL BORDE(野村證券)【オウンドメディア一本勝負!第7回】

成功するオウンドメディアと失敗するオウンドメディアの違いは何なのでしょうか。私たちは、何を基準にオウンドメディアを運営していけば良いのでしょうか。 「オウンドメディア一本勝負!」では、業界の気になるオウンドメディアを5つの指標で比較・検証し、その答えを探っていきます。 第7回は、「日興フロッギー」(SMBC日興証券株式会社)と「...(続きを読む

2020年03月17日
オウンドメディア一本勝負!
【#ナイルの本棚】2020年2月の紹介書籍まとめ

【#ナイルの本棚】2020年2月の紹介書籍まとめ

2020年1月からContent HubのTwitter(@cont_hub_com)で始めた、ナイルのコンテンツチームのメンバーが編集者/ライターの方々に役立てていただきたいおすすめ本を紹介する企画「#ナイルの本棚」。 やはり、Twitterの140字で説明するだけでは言葉足らずではないかと思い、現メンバーが一巡したこのタイミングで...(続きを読む

2020年03月05日
ナイルの本棚
オウンドメディアだからできることを探求する。NEC「wisdom」の未来

オウンドメディアだからできることを探求する。NEC「wisdom」の未来

コンテンツマーケティングという言葉すらまだ日本に上陸していなかった2004年。NEC(日本電気株式会社)は、オウンドメディア「wisdom」を立ち上げた。国内外の最先端のビジネストレンドやテクノロジーの情報を発信する、ビジネスリーダーのためのオウンドメディアだ。 当初はNEC色を一切出さずに、NECに興味がない人でも、先入観なしに読...(続きを読む

2020年03月04日
コンテンツマーケティング
経営ハッカー(freee) vs スモビバ!(弥生)【オウンドメディア一本勝負!第6回】

経営ハッカー(freee) vs スモビバ!(弥生)【オウンドメディア一本勝負!第6回】

成功するオウンドメディアと失敗するオウンドメディアの違いは何なのでしょうか。私たちは、何を基準にオウンドメディアを運営していけば良いのでしょうか。 「オウンドメディア一本勝負!」では、業界の気になるオウンドメディアを5つの指標で比較・検証し、その答えを探っていきます。 第6回は、「経営ハッカー」(freee株式会社)と、「スモビ...(続きを読む

2020年02月18日
オウンドメディア一本勝負!
営業向けメディア「Senses Lab.」を成功に導いたマツリカの運営戦略

営業向けメディア「Senses Lab.」を成功に導いたマツリカの運営戦略

SFA(営業支援ツール)「Senses」を提供する、株式会社マツリカ。同社が2017年から運営するオウンドメディアが「Senses Lab.」だ。営業パーソンに有益な情報を提供する営業ナレッジメディアとしてスタートし、Sensesの顧客獲得に一役買っている。 まさに「成功したオウンドメディア」の象徴的な存在ともいえる「Senses La...(続きを読む

2020年02月04日
コンテンツマーケティング

コンテンツ制作・マーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

コンテンツマーケティングの
具体的なノウハウを無料でご覧いただけます。

×