富江 弘幸(とみえ ひろゆき)

プロフィール

富江 弘幸(とみえ ひろゆき)

コンテンツディレクター( コンテンツマーケティング戦略支援・制作支援)

出版社、英字新聞社などで、雑誌・書籍などの編集に携わる。その後、ウェブ制作会社でウェブコンテンツ編集を担当。会社に所属する編集者として業務を行いつつ、社外でもライターとして活動し、著書を出版。2019年11月にナイル入社。

コンテンツユニットを知るためプロフィールと5つの質問

1)ナイルではどのような仕事を担当することが多いですか?

ウェブコンテンツの編集を担当しています。現在はIT、経営、建設、観光施設などの業務を担当していますが、特に決まったジャンルはありません。

2)仕事においてこだわっている点を教えてください

コンテンツのターゲットが本当に必要な情報なのか、読みたいと思う内容なのかを考えて編集することを心掛けています。その上で、誰が読んでもストレスなく理解できる文章を目指しています。

3)過去に関わった仕事で印象に残っているプロジェクトは何ですか?

英字新聞社在籍時のプロジェクトで、自社を含む3社でのコラボレーション企画を立ち上げたことです。企画立案だけでなく、プロダクト制作、コンテンツ制作、SNSマーケティングなど、一連の業務を中心となって実行しました。コラボ企業担当者から「富江の企画だったからいっしょにやろうと思った」と言われたことが一番うれしかったことです。

4)最近、関心のあることはなんですか?

地方経済について関心を持っています。人口減などの理由で地方経済が衰退してきていますが、地域資源とコンテンツの力で地方経済がうまく回る仕組みができないか考えています。

5)好きな映画や本を1つあげるとすると何ですか? またそれはなぜですか?

「三国志」(「三国志演義」含む)です。「三国志演義」では1,000人を超す人物が登場するのですが、それぞれが特徴的な個性を持つキャラクターとして描かれているのが、コンテンツとして非常に魅力を感じる部分です。「三国志」が好きすぎて、中国・四川省に留学しました。

コンテンツ制作・マーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

コンテンツマーケティングの
具体的なノウハウを無料でご覧いただけます。

×