収益改善A/Bテスト代行サービス

アクセス解析、テスト設計、テスト実行、効果検証まで一貫してナイルが担当します
Google オプティマイズを使用するため、別途有償ツールとのご契約は不要です

サイト運用でこんなお悩みありませんか?

  • サイトリニューアルの検討につながる変更案をテストしていない
  • トラフィックはあるものの、集客施策ばかりでCVR改善に努められていない
  • 広告で集客しているものの、制作LPOばかりで細かなCVR改善に努められていない
  • テストをせずに感覚的なリニューアルやデザイン変更をしている
  • OptimizelyなどA/Bテストツールが高額すぎて検討を見送ってきた
  • A/Bテストの必要性は理解しているが、リソースがなく実行できていない

ナイルの収益改善 A/Bテスト代行サービスで解決できます

集客×接客×データ解析で
Web収益の継続的な成長を実現します

1

10年超のコンサルティング知見にもとづくビジネスコミット

クライアントビジネスへの貢献をゴールとするプロフェッショナル意識

2

アナリストによるユーザー理解とデータ解析

徹底的にデータを洗う調査分析力と論理的に解を導く提案

3

マーケティングを起点とした高品質コンテンツ

紙媒体経験者で構成された編集者集団と信頼を寄せる厳選した専門ライター陣

収益改善にインパクトがある重点項目を特定し、
A/Bテストで勝ちパターンを発見します

収益改善A/Bテスト実績

  • オンライン完結型自動車リースサービス
    A/Bテストの継続でWeb上の一次申込数が改善
  • 月間600万人が利用するアプリ情報サービス
    A/Bテストの継続で広告収益が改善

担当コンサルタント私達がご支援します

  • 今崎 善秀
    デジタルマーケティング事業部長
    NIer、SierでのPM、 ITベンチャー経営などを通じて15年のプロジェクトマネジメントキャリアを持つ。ヒト・モノ・カネに関する課題解決と実行力に強みを持ち、事業全体の課題を把握した幅広いサポートを得意としている。
  • 飯野 佐知子
    コンサルティング部門 アナリスト
    Web制作会社でデザイン・マークアップ・画面設計などWebサイトやUIに関する ひと通りの業務に携わった後、大手Webサービス会社にてUI改善ABテスト専門のアナリストとして全社横断してサポート。これら経験を活かし、ナイルではUI/UXの改善支援および、クライアント企業のPDCAサイクルの構築支援に従事している。
  • 石井 智彦
    コンサルティング部門 アナリスト
    Webマーケティング企業にてSEOやUI改善を中心としたコンサルティングに従事した後アナリストとして参画。GoogleAnalyticsやヒートマップを活用した定量調査、インタビュー等の定性調査をもとにした、顧客中心の解析を得意としている。
  • 押谷 圭祐
    コンサルティング部門 マネージャー
    上智大学大学院修了。アクセス解析を用いた分析から課題抽出する改善コンサルティングを得意としている。これまでに100サイト以上をコンサルティングし、事業の成長に合わせた適切な施策を実施。成果に直結する改善を強みに企業を支援している。

専門家の知見を取り入れながら成果を向上させています

  • 清水 誠
    デジタルマーケティング戦略顧問
    Webビジネス歴22年。Technology UX Marketingの融合をテーマに、IA UX CMS Webアナリティクスの分野を開拓。楽天でWebアナリティクスを全社展開した後、2011年に渡米。米国AdobeにてAnalytics製品の企画・開発・啓蒙を担当。帰国後に独立し、アナリティクスやビジュアライズのコンサルティング・セミナー・執筆活動を続けている。2008年文部科学省アドバイザー委員。2013年Web人賞受賞。
  • 枌谷 力
    UX戦略顧問
    1997年NTTデータ入社。4年間のコンサルティング営業を経験した後に、Webデザイナーに転身。プロデューサー、ディレクターなどを兼務した後、2007年にフリーランスとして独立。2010年にweb制作会社ベイジ設立。BtoBマーケティング、UXデザイン、データ解析、マイクロコピーライティングを得意分野とするデザイナー兼経営者。公私で複数のブログを運用し、いずれも多くのシェアを集めている。

収益改善A/Bテスト代行サービスのご相談はこちらからどうぞ

支援体制専門チームによる仕組み化された支援体制

専門知識を集約した3つのチームが協力して、お客様と関係会社をサポートします。
貴社提携の制作会社様等への連携も可能です。

月次定例会に限らない
日常的なコミュニケーション体制

チャットワークでの都度コミュニケーションや、必要に応じてオンラインMTGを実施します。

収益改善A/Bテスト代行サービスのご相談はこちらからどうぞ

よくあるご質問

Q CVRを上げるサービスという理解で正しいですか?
A Web収益の向上が主目標の場合はCVRが重要指標です。ビジネスモデルやA/Bテストの目的により主目標が変わりますので、主目標の改善を支援するサービスとしてご理解ください。
Q 必ず改善できますか?
A 一般的には20~30%程度がテストあたりの勝率とされており、勝ちパターンは負けの考察から導き出されることが多いためトライ&エラーの数が重要です。また勝ったとしても、ひとつの改善だけで大きな成果を得られることはそうそうありません。小さな改善をコツコツと積み上げてトータルで大きな改善効果を目指します。
Q 既にA/Bテストに取り組んで改善してきましたが、それでもなお改善できると思いますか?
A どのようなABテストを実施されてきたのか、改善余地があるか過去実施されたテスト内容やサイト状況を確認させていただく必要がございます。既に十分なグロースをされている場合は難しい可能性がございます。
Q 現状より悪くなることはありますか?
A A/Bテストはリニューアルのように実際にリリースするものではなく、予め定めた割合のユーザーに一時的な配信でテストを行うものです。テスト期間中に現状以下の数値が出ることはございますが、マイナス度合いが大きい場合は停止可能です。

収益改善A/Bテスト代行サービスのご相談はこちらからどうぞ

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

コンテンツマーケティングの
具体的なノウハウを無料でご覧いただけます。

×