ホワイトペーパーとは

ホワイトペーパーとは、製品・サービスのセールス資料や事例資料、技術資料などを指しています。ホワイトペーパー(白書)という言葉は、本来は政府や公的機関の「年次報告書」を指す言葉ですが、近年になって、マーケティング用語としても使われるようになりました。

ページ数は2~3ページなど軽めのホワイトペーパーも存在しますが、基本的に10~20ページくらいで制作することが多いようです。

ホワイトペーパーの活用シーン

ホワイトペーパーでは、市場環境や技術・サービス動向の調査結果の分析、導入事例の解説のほか、他社製品との比較などが記載されています。そのため、ホワイトペーパーの内容は、顧客の購買決定に関わる重要な要素といえるのです。新規見込み顧客の獲得だけではなく、見込み顧客を購買に向けて育成するためのツールとしても活用されています。

ホワイトペーパーを作成するメリット

複雑な技術や商品を取り扱う業界の場合、ホワイトペーパーを活用することで顧客に情報を与え、購買決定を後押しすることができます。 ホワイトペーパーは、市場環境の分析結果やサービス導入事例、商品の比較などが、詳しく客観的に記載されているコンテンツであるため、商品の長所や技術力を売り込みながら、見込み顧客から高い信頼を得ることも期待できるというメリットがあります。

 

詳しくはこちら
ホワイトペーパーの書き方・作り方【8つのポイント】

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

コンテンツ制作・マーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

コンテンツマーケティングの
具体的なノウハウを無料でご覧いただけます。

×