リッチコンテンツとは

リッチコンテンツとは、音声や音楽、動画、アニメーションなど、動的な要素を含むコンテンツの総称です。テキストや静止画に比べて表現力が高く、多くの情報を盛り込めることから、贅沢=リッチなコンテンツと呼ばれています。直感的・視覚的に情報を届けられることが、リッチコンテンツのメリットになります。

リッチコンテンツへの注目度が増している

インターネットで配信されるコンテンツは、テキストや静止画を使ったものが主流でしたが、通信環境の向上などにより、リッチコンテンツへの注目度が増しています。
かつてリッチコンテンツというと、Flash動画が流行ったことがありましたが、今ではYouTubeをはじめとした動画プラットフォームがユーザーを集めていることもあって、動画コンテンツがリッチコンテンツのメインとなっています。

動画コンテンツには、実写映像やアニメーション、3DCGなどがあります。ドラマ仕立ての実写映像でストーリー性を演出したり、アニメーション映像で親しみを持ってもらったりなど、従来のコンテンツに比べて自社サービスをユーザーに深く印象付けることが可能です。ユーザーの視覚に加えて、聴覚にも訴えることができる訴求力の高さもあります。

動画広告市場は急成長を遂げており、サイバーエージェントとデジタルインファクトが実施した調査による、2015年の506億円から2020年は約4倍の2,000億円を超えると見られています。 これには、スマートフォンによる動画の視聴時間が増加していることが背景にあり、今後も動画広告市場は伸びていくことが予想されています。

リッチコンテンツのメリットとは?

表現の幅が広がるリッチコンテンツですが、どのようなメリットがあるのか、具体的に確認しておきましょう。

多彩な表現ができる

リッチコンテンツは動画や音声などを盛り込めるので、多彩な表現が可能になります。そのためクリエイティブなアイディアをコンテンツに反映することができます。リッチコンテンツによって、ウェブ上でしかできない体験を生み出せるのです。

わかりやすく説明できる

テキストや静止画だけでは、商品・サービスが説明しづらいときがあります。リッチコンテンツで動画や音声などを駆使することで、ユーザーに対してわかりやすく説明することができます。

高いプロモーション効果が期待できる

リッチコンテンツには、ユーザーに直感的に理解してもらえる表現力の高さ、印象の強さによる訴求力があります。これらを有効に活かせば、高いプロモーション効果が期待できるでしょう。

リッチコンテンツの注意点

リッチコンテンツには数多くのメリットがある一方で、注意点もあります。

情報を詰め込みすぎない

さまざまな表現ができるからといって、あまり情報量を詰め込むと、かえって逆効果になることがあります。情報量が多すぎて、ユーザーに何を伝えたいのかが、ぶれることもあるでしょう。
例えば、動画コンテンツの尺が長くなってしまったとしましょう。これだと、途中でユーザーが離脱する可能性が高くなってしまいます。さらに、尺が長くなった分、データ量も肥大するので、ユーザーのデータ通信量を圧迫します。それにより、コンテンツを制作したブランドの心証が悪くなってしまうおそれがあります。ユーザーの利便性を損なわない範囲でのコンテンツ運用が重要です。

制作コストがかかることを認識しておく

リッチコンテンツは、テキストや静止画を使ったコンテンツに比べて、制作コストが高くなり、制作期間も長くかかるという一面があります。さらには、コンテンツ制作に対して見合った効果を出すには、それだけハードルが上がることになります。

目的を忘れずにリッチコンテンツを制作する

リッチコンテンツは、幅広い表現ができる分、本来の目的を忘れてしまうことがあります。重要なのは、プロモーション戦略において「ここぞ」というポイントでリッチコンテンツを投下すること。せっかくコストをかけて作ったリッチなコンテンツなのですから、最大限に効果を発揮するように運用したいもの。
リッチコンテンツは直感的に訴求できるので、PVの獲得やユーザーの流入といった数を稼ぐことよりも、ブランディングなどイメージ戦略として使用することが適しているでしょう。
制作過程で、なぜリッチコンテンツが必要なのか、目的を見失わずに、ユーザーに訴求できるリッチコンテンツ制作を行いましょう。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

コンテンツ制作・マーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

コンテンツマーケティングの
具体的なノウハウを無料でご覧いただけます。

×