直帰率とは

直帰率とは、サイトを訪れた全ユーザーのうち、ほかのページを見ずに去ったユーザーの割合のこと。すなわち、最初にアクセスした1ページ目からほかのページに移動せず、そのままそのサイトを去ったユーザーの割合になります。100人のユーザーが自分のサイトを訪れて、そのうち30人がそのまますぐにほかのサイトへ移動した場合の直帰率は、30%となります。

Googleアナリティクスの直帰の定義

下記のような場合、Google アナリティクスではサイトを移動しなくても、 そのユーザーはサイトから離脱し、直帰したと見なされます。

  • ブラウザを閉じる
  • ブラウザの「戻る」で前にいたサイトに戻る
  • 何も操作をしないまま30分が経過する
  • 午前0時になり日付が変わる

なお、ランディングしたページを離脱しても、PDFをダウンロードするなどアクションを起こしていれば、直帰にはなりません。

直帰率と離脱率は似て非なる数字

直帰率に似た用語に「離脱率」があります。離脱率とは「そのページからサイトを出て行った割合」のことです。この2つの違いを説明する前に覚えておきたいのが「セッション」です。

セッションとは「1人のユーザーが1つのサイトを訪問した回数をカウントする単位」です。例えば、サイトAにユーザーがアクセスしてきて、3ページ閲覧してほかのサイトへ出て行った場合、1セッションとして数えます。このように1人のユーザーがサイト内で何ページ閲覧しても、セッションは「1」となるのです。なお、ページビューは、ユーザーがページを閲覧した数となります。
直帰率と離脱率は、このセッション単位で計算します。

直帰率:直帰率とは、ある1つのページから始まったセッションのうち、同じページで終わっているセッションの割合のこと。

離脱率:離脱率とは、そのページが開かれた回数のうち、どれくらいの割合でユーザーが離脱したかを示す割合のこと。

詳しくはこちら
離脱率とは

直帰率・離脱率を具体例で解説する

直帰率と離脱率について、以下のような具体例を挙げて確認していきましょう。

  • 月曜日:ページA→ 離脱
  • 火曜日:ページA→ ページB→ 離脱
  • 水曜日:ページB→ ページC→ ページA→ 離脱
  • 木曜日:ページC→ 離脱
  • 金曜日:ページB→ ページC→ ページA→ 離脱

各ページの直帰率

・ページAの直帰率50%
ページAからはじまったセッション数は「2」です。ページAだけで直帰しているのは1回なので、ページAの直帰率は50%になります。

・ページBの直帰率0%
ページBからはじまったセッション数は「2」です。ページBだけで直帰しているのは0回なので、ページBの直帰率は0%になります。

・ページCの直帰率100%
ページCからはじまる唯一のセッションで直帰しているため、ページCの直帰率は100%になります。

各ページの離脱率

・ページAの離脱率75%
ページAを含むセッション数は「4」です。そのうちページAから離脱したのは3回なので、ページAの離脱率は75%になります。

・ページBの離脱率33%
ページBを含むセッション数は「3」です。そのうちページBから離脱したのは1回なので、ページBの離脱率は33%になります。

・ページCの離脱率33%
ページCを含むセッション数は「3」です。そのうちページCから離脱したのは1回なので、ページCの離脱率は33%になります。

直帰率が高い原因を解明して改善する

どんなサイトでもいずれユーザーは離脱しますが、直帰率が高いページがある場合は改善が必要です。ユーザーがほかのページを見ずに離脱してしまうケースとしては、以下の状況が考えられます。

  • そのページに欲しい情報が載っていなかった
  • そのページに欲しい情報が載っていたが、ほかのページは欲しい情報ではなかった
  • ページ内のリンクがどこにあるかわからなかった
  • ページの読み込みが遅くストレスを感じた
  • スマートフォンでアクセスしたのにPC用のページが表示された

原因とそれに対する改善策は、サイトやページの内容によって異なります。アクセスレポートを参考にして、せっかく訪れたユーザーを逃がさずにサイトを改善して、直帰率の低下につなげましょう。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

コンテンツ制作・マーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

コンテンツマーケティングの
具体的なノウハウを無料でご覧いただけます。

×