効果的なメールマガジンの作り方

pixta_23280909_M

マーケティング施策の一環として始めやすいメールマガジン。企業のサービスや商品について、顧客にいち早く知ってもらうことのできるツールでもあるため、上手に活用していきたいところです。

ここでは、配信した人にきちんと読んでもらえ、さらに高い効果が期待できるメールマガジンの作り方をご紹介します。

メールマガジンに期待できる効果

登録されたメールアドレスに、定期的に配信されるメールマガジンは、登録した人に直接届くため、企業やサービス・商品についてより身近に感じてもらうことができるツールです。メールマガジンを上手に配信することで、次のような効果が期待できます。

・見込み顧客および顧客との継続的なコミュニケーションがとれる
・企業の新商品やサービスの情報を、いち早く伝えることができる

メールマガジンは、マーケティング施策の中でも始めやすい取組みのひとつです。うまく活用することで、顧客とのコミュニケーションをとりながら、売上向上にもつなげることができるでしょう。

メールマガジンを作る前に確認すべきポイント

ここからは、メールマガジンを作成する前に、確認すべき5つのポイントを見ていきましょう。

ポイント1 メルマガの目的を決める

メールマガジンの目的によって、本文の構成や内容も変わってきます。効果があり、質の高いメールマガジンにするためにも、まずは明確な目的やテーマを設定しましょう。
目的設定の際に注意したいのは、「開封率」や「クリック率」などではなく、「そのメールマガジン配信によってどのような効果を得たいのか」を決めることです。例えば、「メールマガジンから自社サイトへの流入を増加させる」「新規顧客との関係を構築したい」など、企業全体で共有したい目標にするといいでしょう。

ポイント2 メルマガの内容を決める

メールマガジンの目的が決まったら、ユーザーに届ける情報を明確にしていきます。メールマガジンの内容には、例えば次のようなものが挙げられます。

・商品の案内告知
・キャンペーン情報
・コラム
・関連サービスの紹介

この中から1つだけ選ぶのではなく、複数を組み合わせて配信することで、ユーザーに興味を持ってもらいやすく、読みごたえのあるメールマガジンになります。

ポイント3 ターゲットを決める

マーケティング効果の高いメールマガジンにするためには、常にメールマガジンを送る相手を「ターゲット」と考えて作成することがポイントとなります。ターゲットを決めずに作成されたメールマガジンは、本来のターゲットの興味や関心を引く内容にはなりにくいのです。ターゲットの年齢や性別、職業はもちろん、なぜそのメールマガジンに登録したのかなど、ターゲットを詳しく分類することで、ターゲットの興味に訴えかける内容にすることができるでしょう。

ポイント4 配信頻度を決める

メールマガジンを配信するとなると、情報収集やそれらをまとめる時間が必要となるため、送る頻度を決める必要があります。メールマガジンに載せる情報やネタを十分に集められ、最初に決めた目的を達成することができる配信頻度である必要があります。他のマーケティング施策と同様に、長期的に継続することができるメールマガジンとなるよう、配信頻度は慎重に決めましょう。

ポイント5 情報を集める

メールマガジンのネタとなる情報を集める際は、ターゲットや自社のサービス・商品に着目して探すことがポイントとなります。もし、メールマガジンの担当者がネタ不足や情報不足に陥ったら、社内の別の部署の人に聞いてみることもおすすめです。また、ターゲットとなる顧客や市場に広くアンテナを張り、情報収集を積極的に行うことも大切です。

メールマガジンを作成する

ここからは、メールマガジンの具体的な作り方を見ていきましょう。「テンプレート」「本文」「件名」の3つのステップに分けてご紹介します。

テンプレートを作成する

メールマガジンを効率的に作成するには、テンプレートの活用がおすすめです。テンプレートは、ユーザーの読みやすさや、理解のしやすさを重視したものにする必要があります。ダウンロード可能なHTMLメールのテンプレートもあるため、自由に編集してメールマガジン用のテンプレートを用意しましょう。

本文を作成する

メールマガジン本文のトーン&マナーは、ターゲットとなる読者に合わせて書いていきます。本文をきちんと読んでもらえるものにするためには、ただ情報を並べるだけの構成は避けたほうがいいでしょう。読者は、メールをはじめ日々多くの情報に接しており、メールマガジンを最後までしっかり目を通す人も少ないとされているためです。
できるだけ最後の文章まで目を通してもらうためには、本文の最初にそのメールマガジンで伝えたいメリットを提示しましょう。もし、メールマガジンが長くなるのであれば、目次も記載しておくことで、メール全体の内容がわかり、興味のある部分を積極的に読んでもらうことも期待できます。
また、商品やサービス関連のリンクは、関心を持ってくれたユーザーを逃さないように、本文中に忘れずに設置しましょう。

件名を決める

メールマガジンの件名は、ユーザーがそのメールマガジンを開封するかどうかを左右する、重要なポイントといえるでしょう。具体的には、メールマガジンの内容が伝わる件名にする必要があります。
次のようなポイントに沿って作成することで、開封につながる件名にすることができます。

・件名は長くとも30文字程度が理想的
・本文を要約した内容を意識する
・読み手にとってのメリットを具体的に提示する
・期間限定のメリットがある場合は強調する
・インパクトのある単語や数字などを盛り込む

受信メールの一覧を見た際に途中で切れてしまっている件名では、他のメールマガジンに埋もれてしまいやすくなるため、コンパクトかつ印象に残るものになるよう、注意しましょう。

効果的なメールマガジンにするために

最後に、より効果的なメールマガジンにするために実践したい、5つのコツをご紹介します。

1 バナーや画像を使う

HTMLメール形式のメールマガジンの場合、バナーや画像を盛り込むことで、視覚的に商品・サービスを訴求することができます。また、文章ばかりが連なっていると、読み手も途中で飽きてしまう可能性があるため、長文のメールマガジンでは、途中にバナーや画像を入れてみることをおすすめします。

2 差し込み機能を活用する

多くのメールマガジン配信ツールには、本文中に読み手であるユーザーの名前などを挿入することができる「差し込み機能」があります。この差し込み機能によってパーソナライズされたメールマガジンは、読み手の反応も良くなるといわれています。
会社やビジネスパーソン向けのメールマガジンの場合は、差し込み機能を使って会社名やユーザー名を文頭に挿入するケースもあります。

3 文章やレイアウトのチェックを行う

メールマガジンを作成したら、まずは自分自身に送信して、届いたメールをチェックしましょう。最近はパソコンからだけではなく、スマートフォンでメールを確認する人も増えているため、パソコンとスマートフォン両方で、文章やレイアウトの崩れがないかチェックすることをおすすめします。

4 読んでもらいやすい時間帯に配信する

適切な時間に配信することも、なるべく多くの人にメールマガジンを読んでもらうためのポイントとなります。ターゲットとなるユーザーがメールチェックをする時間帯を予想して配信することで、メールの開封率も大きく変わってくるためです。
例えば、企業やビジネスパーソン向けのメールマガジンであれば、朝のメールチェックが多い月曜日と休み前の金曜日は避けて、火曜日~木曜日の出社時刻直後や、昼休憩終わりの時間帯が効果的といわれています。

5 配信後は効果測定を行う

メールマガジン配信後は、効果測定を行うことで、次回の配信にあたっての目標も見えてきます。特にチェックすべき項目は、「メールマガジンの開封率」と「記載したリンクのクリック率」の2つです。この2つをチェックすることで、読み手の興味・関心の傾向がわかり、より効果的なメールマガジンにしていくことができるでしょう。

メールマガジンを最大限に活用しよう

メールマガジンを作成するにあたっては、ただ情報を連ねるのではなく、開封率が高く効果的なメールマガジンとなるよう、ここで紹介したような工夫を実践してみることをおすすめします。
常に読み手のニーズや読みやすさを意識したメールマガジンを作成することで、効果的なコミュニケーションツールとしても活用することができるでしょう。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

コンテンツ制作・マーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

コンテンツマーケティングの
具体的なノウハウを無料でご覧いただけます。

×