コンテンツライティングの基本!最低限意識しておきたい注意点とは?

コンテンツライティングの注意点

メディアを運営するにあたっては、読者にとって有益なコンテンツが必要になります。

テキストコンテンツの場合、何も考えずにただ書くだけでは、読者の内容理解につながりません。読みやすいということが大前提ですが、内容をより理解してもらうには、ライティングの際に意識しておきたいポイントがいくつかあります。

ここでは、コンテンツライティングの基本と、その注意点について解説します。

目次

ライティング前にコンテンツの目的を理解する

ライティングを開始する前には、コンテンツの目的とライティングで求められていることの理解が大切です。ここがずれてしまうと、書いているうちに本来の目的からさらにずれてしまう場合もあります。

まずは、どのような目的でコンテンツを作るのか、理解しておきましょう。

キーワードを確認する

まず、コンテンツが狙うキーワードを確認しましょう。コンテンツが読まれる確率を上げるためには、狙ったキーワードで検索されたときに、できるだけ検索結果で上位に表示される必要があります。
狙ったキーワードが文章に入っていない場合、ユーザーの検索意図とコンテンツの内容が異なってしまい、結果として狙ったキーワードでは表示されないということにもなりかねません。

どのようなキーワードを狙って書くのか、そのキーワードで検索するユーザーはどのような意図があるのかを、しっかり理解しておきましょう。

ペルソナ設定を確認する

コンテンツライティングでは、ペルソナ設定の確認も重要です。

ペルソナとは、ターゲットとなる読者を、具体的な人物像に落とし込んだもの。編集者やカメラマン、イラストレーター、クライアントなど、関係者でペルソナを共有しておけば、コンテンツの方向性がずれないように、随時確認しながらコンテンツ制作を進めていくことができます。
ライティングの際にも、ペルソナ設定を頭に入れて望むようにしましょう。

なお、当サイトにもペルソナの作り方についての記事がありますのでご覧ください。

集客効果のあるペルソナの作り方

ユーザーにどうしてもらいたいのか確認する

キーワードとペルソナを理解したら、次にそのコンテンツで何が求められるのかを確認しましょう。同じキーワードや同じペルソナであったとしても、ユーザーにどうしてもらいたいかによってコンテンツの構成も変わってきます。

例えば、ペルソナに対してサービスを認知してもらうことが目的なのか、サービスを購入してもらうことが目的なのかによって、コンテンツはまったく違うものになります。認知・検討・購入など、これから書くコンテンツはどのフェーズなのか、関係者で事前に共有しておくことが重要です。

ライティングに必要な素材の準備

キーワードやペルソナを理解したら、ライティングに必要な素材の準備にとりかかります。ここでの必要な素材とは、構成と情報のこと。この2つの大切さについて解説します。

構成を作る

構成とは、コンテンツの骨組みにあたるもの。構成がしっかりしていないと、書いているうちに矛盾が出てきたり、方向性がずれたりすることになります。編集者が構成を作る場合も多いのですが、ライターが作る場合もあります。

コンテンツの文章構成は、記事の種類によっても異なるため、画一的に作ることはできません。ただ、方法のひとつとして、文章の構成方法のひとつである「PREP法」を採用すれば、簡潔かつ説得力のあるコンテンツにすることができます。
PREP法とは、下記の順番でコンテンツを構成する方法です。

<PREP法の文章構成>
1. Point(結論)
2. Reason(理由)
3. Example(例)
4. Point(結論・まとめ)

最初に結論を述べることで、読者は何について書かれているコンテンツなのかをイメージしやすくなります。その後に理由を説明し、具体例を出すことでその結論を補強。そして、最後にまた結論を述べます。PREP法であれば、論理的で理解しやすい構成にすることができます。

また、ニュース記事やリリース記事であれば、5W1Hの情報を先に書き、細かい情報を後に補足として書く方法もあります。構成によって読者への伝わり方も変わるため、構成はしっかり準備しておきましょう。

十分な情報を収集する

事前準備として、情報収集も大切です。ライティング中には筆が進まない状況になることもありますが、その場合は情報のインプットが足りていないと考えてもいいでしょう。情報収集がしっかりできていれば、PREP法で構成を考える際にも、何を結論にしたらいいかがすぐ頭に浮かぶはずです。

また、コンテンツの内容に書かないまでも、バックグラウンドとして情報を多くインプットしておくことも必要です。情報が多ければテーマ理解もしやすくなり、スムーズに書き進められます。

ライティングの際に注意しておきたいこと

素材の準備ができたら、実際にライティングを進めていきます。構成がしっかり整い、必要十分な情報収集ができていれば、スムーズに書き進めていけるはずです。

その上で、読みやすい文章を作るための注意点について解説します。

階層構造を意識する

ウェブコンテンツでは、文章の階層構造を整えることが重要です。論理的な階層構造になっていれば、読者もより理解しやすくなります。ただ文章を書き連ねるのではなく、見出しを使って構造を明示するようにしましょう。

例えば、メリットとデメリットについて書く場合、下記のようにすると構成がわかりにくくなってしまいます。

これを、下記のように大見出し、中見出し、小見出しといった階層に分けることで、内容を理解しやすくなります。

また、検索エンジンからも評価されやすくするという意味でも、階層構造を整えることは大切です。
並んだ見出しを見ただけで、どのような内容が書いてあるコンテンツなのか、わかるようにしましょう。

文章のテイストをそろえる

文章のテイストをそろえることも、より読みやすくするためには必要です。

同じ内容の文章であっても、文体を「である調」にするのか「ですます調」にするのかで、文章のイメージは大きく変わってきます。テイストを混在させると読者も混乱してしまうため、文章のテイストは統一することが鉄則です。

また、同じ「ですます調」であっても、語尾に「!」を使ったり、「~ですよね」と書いたりすると、カジュアルなイメージになります。掲載するメディアに合わせてそろえるようにしましょう。

さらに、執筆者の立ち位置もぶれないようにする必要があります。例えば、序盤ではサービスを紹介する立場で書いていたにもかかわらず、最後はユーザー視点で書いてしまうようなことも避けるべきです。ペルソナ設定を常に頭に入れながらライティングを行いましょう。

適度に改行する

文章は、適度に改行を入れることで読みやすくなります。3行から5行くらいが改行の目安です。特に、スマートフォンでコンテンツを閲覧する場合、1行で表示される文字数が少なくなるため、改行が入らないと読みにくくなってしまいます。

また、話の区切りを明確にするという意味でも、内容が変わる部分で改行をするといいでしょう。読者の内容理解を深めることにもつながります。

1文を長すぎない文字数に収める

適度に改行を入れるためにも、1文は長すぎない文字数に収めるようにしましょう。長くても、読点を適度に入れて読みやすくなっていれば問題はありませんが、具体的には40字前後くらいが目安となります。

40字前後で収めるには、1つの文章に話題を詰め込まないことが大切です。文章が長すぎる場合、分けることができそうであれば、接続詞を使って分けるようにします。

キーワードを適度に入れる

ライティングをする際には、タイトルや見出し、本文に、狙っているキーワードを適度に入れることも大切です。基本は、日本語としての読みやすさを最優先にし、その上でキーワードを入れるようにしましょう。

また、キーワードをたくさん入れれば、検索エンジンに評価されやすくなるというわけではありません。過度にキーワードを入れて読みにくくならないように、気をつける必要があります。キーワードを適度に入れつつ、読みやすい文章にすることを心掛けてください。

ライティング後に行うべきこと

コンテンツは、書いたら終わりではありません。ライティング後に文章を読み返したり整えたりすることで、クオリティを上げることができます。最後に、ライティング後にどのようなことをしたらいいのか見ていきましょう。

表記を統一する

ライティング後には、誤字脱字のチェックはもちろんのこと、掲載されるメディアの用字用語の規定に合わせて表記を統一するようにします。漢字にするかしないかといった統一は、可読性を高めるために必要な作業です。

もちろん、こういった作業は編集者や校正者も行う作業ですが、多くの目が入ることでコンテンツの質をより高めることができます。可能な限りチェックするようにしましょう。

時間を置いて読み直す

ライティング後に、ある程度の時間を置いて読み直すことも、コンテンツの質を高めるためには大切なことです。ライティング後にすぐ読んでしまうと、頭の中に情報が残っているため、客観的な視点で読むことができません。ライティングをした翌日に、頭の中をすっきりさせてから読み直すようにしましょう。

時間を置いて読み直すことで、気づくことはいろいろあります。論理の矛盾はないか、執筆者としての立場のずれはないか、構成に無理はないかといったことなど、読者の視点で読み直してみてください。

ライティング前後の作業も大切

質の高いコンテンツを作るには、ライティングだけでなくその前後の作業が大切です。ライティングの前には情報収集や構成を作るといった十分な準備が必要ですし、ライティング後には質を高めるための見直しが必要になります。

当サイトでは、ペルソナの作り方や校正・校閲の方法についての記事も掲載しています。コンテンツ作成の参考にしてみてください。

基礎知識

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

コンテンツ制作・マーケティングでお困りの際には ぜひお気軽にご相談ください

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

コンテンツマーケティングの
具体的なノウハウを無料でご覧いただけます。

×