スマートフォンの電話コンバージョンを取得!リスティング広告とGoogleアナリティクスのイベント設定方法

スマートフォンの電話コンバージョンを取得!リスティング広告とGoogleアナリティクスのイベント設定方法

Webサイトの最終的なゴールはPVではなく、売上やお問い合わせという方も多いのではないでしょうか。リスティング広告を出稿していますと電話コンバージョンの測定は提供されているのですが、その設定が意外に面倒という声を聞きます。

本記事では、電話コンバージョンの設定方法について、解説します。

電話コンバージョンとは

とくにスマホサイトなどでは、クリックで電話をかけるというタグを仕込むことがあります。タグに以下のように記述するだけで、タップから簡単にコールすることができます。


<a href=”tel:000-0000-0000″>電話をかける</a>


ただ、実際の通話内容を聞いてコンバージョンを計測する、ということは出来ません。ですので、一般的には電話をかけるタップ(クリック)をゴールとしてコンバージョン設定します。これを電話コンバージョンといいます。

タグを使って、タップを検知させ、そこでコンバージョンタグを発動させることになります。

一般的なコンバージョンの設定

一般的なコンバージョンの場合、ゴールとなるページにコンバージョンタグを貼り付ければOKです。そのページが閲覧(=ゴール)されたならばコンバージョンタグが発動となります。

いっぽう、電話コンバージョンの場合は、タップ(クリック)をコンバージョンと設定して便宜上のコンバージョンとして割り当てるのです。

一般的なコンバージョン設定と電話コンバージョンの違い

ですので、以下のような特徴は理解しなければなりません。

  • メリット:一般的なフォームでのゴールとともにコンバージョンの選択肢を増やせるためCPA向上が期待できる。
  • デメリット:かけ間違いや、通話内容次第ではコンバージョンと呼べない場合などがある。

このようなメリット・デメリットはありますが、今後スマホトラフィックが増えていくなかでは、ぜひとも設定しておきましょう。

電話コンバージョン設定のおもな流れ

電話コンバージョン設定のおもな流れは以下のとおりです。

広告流入の場合

  1. 電話コンバージョンタグを発行
  2. タグにクリック検知の設定
  3. クリックでコンバージョンタグを稼働

非広告流入の場合

  1. タグにクリック検知の設定
  2. Googleアナリティクスでイベントをコンバージョン計測

広告流入については、AdWordsとYahoo!プロモーション広告について述べます。また広告流入と非広告流入共通で、タグマネージャー利用と直接記述とがあります。それぞれ解説しましょう。

広告流入の場合:電話コンバージョンタグの発行

Google AdWordsの場合

AdWordsにログインし、運用ツール>コンバージョントラッキングを選びます。コンバージョンの発生元を「コール数」とします。

Adowordsコール数

電話発信コンバージョンで「モバイルサイトでの電話番号クリック」とします。すると、コンバージョンタグが発行されます。これを控えておきましょう。

Adowords電話発信コンバージョン

Adowordsコンバージョンタグ

Yahoo!プロモーション広告の場合

Yahoo!プロモーション広告にログインし、ツール>コンバージョン設定>コンバージョン測定の新規設定 を選びます。

Yahoo!プロモーション広告コンバージョン設定

コンバージョンの内容を画面にしたがって入力しますと、最後にコンバージョンタグが発行されます。

Yahoo!プロモーション広告コンバージョンタグ

これらのコンバージョンタグが、ユーザーのタップ(クリック)で発動してくれれば良いわけです。

広告流入の場合・非広告流入の場合共通:クリック検知を仕込む

タグに直接書く場合

前述の<A>タグに直接、電話コンバージョンを仕込む場合は以下のように記述します。AdWordsとYahoo!プロモーション広告の両方で発動させるためには、続けて記述すればOKです。


onClick=”javascript:goog_report_conversion(‘tel:000-0000-0000’);yahoo_report_conversion(undefined);return false;”


Googleタグマネージャー(GTM)を使う場合

Googleタグマネージャー(GTM)を使う場合には、電話クリックでコンバージョンタグを発動させるようなタグとトリガーを設定します。

まず、変数でページURLとクリックURLが検知できるようにします。変数メニューから、Page URLとClick URLにチェックします。

Googleタグマネージャー(GTM)変数

変数をあらかじめ設定した上で、クリック検知をさせるトリガーを仕込みます。トリガー>クリック>リンクのみ を選び、続行します。

Googleタグマネージャー(GTM)変数

その上で、有効化のタイミングに「PageURL」「正規表現に一致」「.*」とします。さらに、配信するタイミングは、「ClickURL」「含む」「tel:」 とします。

Googleタグマネージャー(GTM)変数

これで、クリック検知のタグはすべてのページ(正規表現で.*はすべてのという意味)でまずは有効化され、そして、クリックのURLに電話をかけるtel: が含まれていれば、トリガー発動となるわけです。

広告流入の場合:コンバージョンタグを組み込む

広告計測の場合クリック後にコンバージョンタグが稼働する必要があります。あらかじめゴールとなるページのソースに組み込んでおくか、タグマネージャで稼働させます。

Googleタグマネージャでは、カスタムHTMLに電話コンバージョンを貼り付け、その発火(稼働)させるタイミングを、前述のトリガーにします。これで、電話番号を含むリンクのクリックでコンバージョンタグが発動することになります。

Googleタグマネージャー(GTM)電話コンバージョン

非広告流入の場合:Googleアナリティクスの設定

イベントをコンバージョン設定する

自然検索流入も含めGoogleアナリティクスでも電話番号タップ(クリック)が、コンバージョンとして認識できます。

まずは、Googleアナリティクス側でコンバージョン設定をしておきます。コンバージョンの種類に「イベント」を選んでおき、そのアクションなどに、「tel:」を含んだらカウントさせるようにします。

Googleアナリティクス目標

イベントトラッキングを仕込む

<A>タグに直接記述する場合は、以下のようにすればOKです。


onClick = “ga(‘send’,’event’,’click’,’tel-cv’,location.hre ,1000,{‘nonInteraction’:1});”


イベントトラッキングの意味は以下のようになります。それぞれの値は、コンバージョン設定と連携するようになっていれば、任意で構いません(カテゴリーとアクションは必須)。

また、Googleタグマネージャー(GTM)を使う場合は、ユニバーサルアナリティクスのタグを発行し、トリガーを前述のクリック検知のものにします。イベントトラッキングは以下のように設定します。nonInteraction という項目は、クリックを直帰率に影響させない(1)とい意味になります。影響しても良い場合は、0を指定します。


ga(‘send’, ‘event’, ‘カテゴリ’, ‘アクション’, ‘ラベル’,値,{‘nonInteraction’:1});


イベントトラッキングパラメータ

{{Page URL}} というのは、クリックされたURLがラベルとして記録される、という意味でいちおう設定しました。これらは任意の内容で構いません。わかりやすい名称やコンバージョン設計を試みてください。

まとめ

通話というゴールは、フォームに比べればユーザーにとって敷居の低いものです。CPAを下げるなどの効果が期待できますので、スマホユーザーをターゲットにしているのであれば、ぜひとも導入したいゴールといえます。

いっぽうで、クリックと通話申し込みなど、必ずしもゴールとならないなどの限界をふまえ運用しましょう。そのさい、前述のようなクリック検知のタグを仕込んでさえあれば、簡単に費用対効果を測れます。

ぜひ、みなさんも電話コンバージョンの計測にチャレンジしてみてください。

この内容に関連する
無料のeBookがあります

無料eBook「モデル比較ツールを利用したコンテンツの効果測定」

無料eBook「モデル比較ツールを利用したコンテンツの効果測定」

無料のメルマガを
配信しています

実務に役立つ情報を無料のメルマガで配信しています。ぜひご登録ください。

著者紹介

P.N. 三雲 丈太郎
P.N. 三雲 丈太郎 Webアナリスト

食品系ECサイトやネットメディア立ち上げを経験した後、Web改善チームに参画。タグマネジメントをはじめ、Googleアナリティクスなどを活用した丁寧な施策の積み重ねと、成長を重視した戦術設計や具体的オペレーションを得意とする。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

関連記事

アクセス解析/タグマネジメントでお困りの際にはぜひお気軽にご相談ください

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

コンテンツマーケティングの
具体的なノウハウを無料でご覧いただけます。

×