ライターの探し方は?記事の質を高めるための依頼方法も解説

ライターの探し方は?記事の質を高めるための依頼方法も解説

オウンドメディアなどでコンテンツマーケティングを行う場合、ユーザーのためになる質の高い記事を継続的に公開することが必要不可欠となります。社内にライターがいない場合は外注しなければなりませんが、記事の質を担保するライターを探すのは意外と難しいものです。

ここでは、ライターの探し方をご紹介するとともに、原稿依頼時に伝えるべき内容についても解説します。

\成果につながる記事を作る!資料ダウンロードはこちらから/

ナイルの編集者も使う記事要件シートver1

ライター探しがオウンドメディアの成功のカギを握る

オウンドメディアの運営において、最も重要になるのは記事の質です。記事で伝えたいことをわかりやすく執筆しなければ、ユーザーの理解は得られず、SEOで評価されることがありません。課題を解決するような記事を作ることで、ユーザー接点が生まれます。そのため、ユーザー満足度を上げる記事を書けるライターを見つけることが、オウンドメディア成功のカギを握るのです。

質の高い記事を作成する上で最低限必要なのは、誤字・脱字をせずに的確な文法を使う基本的なライティング能力です。さらに、記事の目的を正しくとらえ、ターゲットに寄り添った記事を執筆できるライターを見つけることが大切になります。

また、ライターによって得意分野や文章のテイストが異なります。ライターを探す際には、どのような記事をどのようなテイストで執筆してほしいのかを明確にし、その内容に合わせた人材に依頼するようにしましょう。

ライターを探すための6つの方法

では、ライターの探し方にはどのような方法があるのでしょうか。さまざまなライターの探し方がありますので、確認していきましょう。

ライターを探すための方法

1 自社で募集をかける

自社のウェブサイトやオウンドメディアで、ライターの募集を行う方法があります。ウェブサイトやオウンドメディア経由で応募するライターは、メディアのコンセプトに共感して執筆に対する熱意を持っている可能性が高いです。そのため、熱量の高い記事を執筆してもらいやすいというメリットがあります。

また、自社募集なら、求人に費用がかからないというメリットもあります。ライターと直接契約を結べば、クラウドソーシングなどで発生する手数料もかかりません。さらに、直接契約であれば、ライターと長期的な関係が結びやすくなります。

デメリットとしては、自社募集では有名なオウンドメディアでない限り、ライターが集まらない可能性が高いことが挙げられます。ライターの質が予測できない点もマイナス要素です。

2 クラウドソーシングを利用する

クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングを活用し、ライターを探す方法もあります。クラウドソーシングとは、オンライン上で不特定多数の人に業務を依頼することです。クラウドソーシングを展開するサイトでは、ライターのプロフィールや過去の実績が公開されているので、メディアとマッチしたライターを集めやすいというメリットがあります。

デメリットとしては、クラウドソーシングの利用に際して手数料がかかることです。また、ライターと直接契約することができないので、継続した関係性を構築しづらいといったことも注意すべき点になります。

3 仕事したことがあるライターを紹介してもらう

付き合いのある企業のオウンドメディア担当者や編集者に、仕事したことがあるライターを紹介してもらうのもひとつの手です。実績のあるライターを紹介してもらえるため、記事の質を担保しやすいというメリットがあります。

4 書籍や専門媒体をチェックする

専門分野の記事を依頼する場合は、書籍や専門媒体をチェックするのがおすすめです。法律や医療をはじめ、高度な専門知識が求められる分野は、専門ライターに依頼したほうが、質が高い記事になるでしょう。

また、誤った内容の記事になるリスクが低く、記事の質を担保する上でも有効です。

5 SNSを活用する

SNSを活用して、ライター募集をかけるという方法もあります。あるいは、オウンドメディアの記事内容とマッチしたものを書けそうなライターを見つけた場合は、SNSのダイレクトメッセージ機能などを使って、アプローチしてみてもいいでしょう。

6 コンテンツ制作会社に依頼する

コンテンツ制作会社に依頼すれば、経験豊富なライターに記事執筆を任せることができ、質の高い記事を作成することができます。SEOに強みのあるコンテンツ制作会社であれば、検索結果画面で上位表示されるためのSEOことが可能です。また、ディレクターが記事の方向性や構成をまとめてくれることも、大きなメリットです。

記事単価は、ほかの方法に比べて高くなる傾向がありますが、質の高い記事を量産する上で検討すべき方法といえます。

さまざまな記事を作成し、情報発信していきたいけれど、記事を書くリソースがないというオウンドメディア運営の担当者向けに、ナイルではコンテンツ制作代行のプランをご用意しております。記事の内容に合わせて、経験豊富なベテラン編集者と専門ライターで、制作体制の構築が可能です。

また、オウンドメディア運営におけるさまざまな課題に対して、各種施策のご提案・対応もできますので、お気軽にご相談ください。

\オウンドメディアを成功に導く!資料ダウンロードはこちらから/

banner_yellow01

ライターに依頼するときに握っておくべきこと

ライターに記事作成を依頼する場合、どのようなポイントを押さえておくべきなのでしょうか。具体的なポイントを確認しておきましょう。

目的

まず、オウンドメディアや記事の目的について、ライターに把握してもらうことが大切です。目的は集客なのか、認知拡大なのか、資料請求なのか、目的によって記事の流れが変わります。

また、想定しているターゲットのどのよう課題を解決する記事なのかも、すり合わせておくべきです。原稿を依頼する際には目的を整理して、的確にライターに伝えられるようにしましょう。

記事テーマ

ライターに、記事のテーマを伝えましょう。テーマによってリサーチすべき内容や執筆内容が変わってきますので、できる限り詳細に伝えるようにしてください。

原稿料

ライターは記事執筆で生活しているため、原稿料は依頼を受けられるかどうかの重要な判断材料となります。原稿料を下げすぎると質の悪いライターの応募しか集まらなかったり、コピー&ペーストで対応されてしまったりするなど、満足のいかない結果になるリスクがあります。記事の質を求める場合は、相応の予算を確保し、依頼時に原稿料を提示しましょう。

締切日

締切日は、ライターが記事執筆する上で欠かせない情報となります。事前に記事公開のスケジュールを立て、いつまでに記事の納品が必要かを逆算して、締切日を設定しましょう。

支払いサイクル

ライターに原稿を依頼するとき、支払いサイクルを伝えることも大切です。月末締め・翌月末払いなど、どのようなサイクルで原稿料を支払うことになるか、ライターに明示するようにしましょう。

文字数

同じテーマの記事でも、1,000文字の記事と5,000文字の記事では、書ける内容が変わります。最低限満たしてほしい文字数を事前に伝え、その内容に沿った原稿を執筆してもらうようにしましょう。

記事作成のレギュレーション

記事作成のレギュレーションとは、記事を書くときのルールです。語尾や表記統一、NG表現といったルールだけではなく、原稿の納品形式や納品方法も、ライターに伝えるようにしましょう。

レギュレーションをまとめた資料をライターに共有しておけば、執筆から納品までの作業をスムーズに進めることができます。

ライターと良好な関係を築いて質の高い記事を作ろう

記事作成には、ライターの力が必要不可欠です。ライターと良好な関係を築き、質の高い記事を公開していくためにも、今回ご紹介したポイントに注意して、相性のいいライターを探してください。

また、依頼時に握っておくべきポイントを押さえることで、期待どおりの記事に仕上がる可能性が高まります。ライターにとって必要な情報を的確に伝え、スムーズに記事執筆を行ってもらえるようにしましょう。

ナイルでは、オウンドメディア全体の戦略設計からお任せいただくことができます。

また、さまざまなコンテンツを作成し、情報発信していきたいけれど、記事を書くリソースがないお客様に、ナイルではコンテンツ制作代行のプランをご用意しております。お気軽にご相談ください。

オウンドメディア・コンテンツ制作を成功に導く ナイル流 コンテンツマーケティングの秘訣

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

関連記事

コンテンツマーケティングでお困りの際にはぜひお気軽にご相談ください

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

コンテンツマーケティングの
具体的なノウハウを無料でご覧いただけます。

×