ウェブコンテンツ作成の際に編集者が常に意識していること

ウェブコンテンツ作成の際に編集者が常に意識していること

コンテンツマーケティングを行う上では、質の高いコンテンツが重要だといわれています。

コンテンツマーケティングとは、ターゲットにとって有益なコンテンツを提供することで、自社やサービスに興味を持ってもらい、問い合わせや購買につなげるマーケティング手法のこと。そのため、コンテンツマーケティングで必要とされるコンテンツに質の高さが求められるのは、当然であるといえるでしょう。

そして、質の高いコンテンツを作成するための方法論も、探せばいくらでも見つけることができます。
当サイトにも、コンテンツの作り方についての記事がありますのでご覧ください。
最強コンテンツの作り方

しかし、コンテンツを作成するための方法論は多く語られていても、それを実行するにあたって、どのようなことを意識しながら編集すればいいのかという点については、あまりふれられることはありません。質の高いコンテンツを作るには、方法論とそれを実行するための意識の両方が必要なのです。

あまり言語化されることはありませんが、編集者は質の高いコンテンツを作るために、常に意識していることがあります。この記事では、編集者がコンテンツ作成で意識している5つのポイントについて解説します。

1 入手した情報をすぐに信用しない

編集者は、すべての工程において、入手した情報をすぐに信用することはありません。エッセイのような主観をもとにした文章であれば別ですが、基本的にすべての情報に根拠を求めます。
編集者は誰しも、間違った情報を世に発信してしまうかもしれない不安を抱えながら作業しているのです。

原稿に書かれていることはすべて間違っているという前提

例えば、ライターさんが執筆した原稿を編集する際、ライターさんには敬意を持ちつつも、原稿に書かれている情報はすべて間違っている可能性があると考えます。そのため、事実関係、数字といったデータなど、客観的な部分はもちろん、表現が適切なのかどうかといったことまで、あらゆる角度から原稿をチェックします。

原稿だけではなく、企画作成の際に入手した情報や校正者が入れた修正指示なども同様です。本当にそれは正しいのかどうか、不安を解消できるまで確認します。

ペンは剣よりも強し

間違った情報を世に発信してしまうかもしれない不安は、紙媒体の編集を経験した人であればより強く持っているかもしれません。紙媒体は、一度出版してしまうとその訂正は非常に困難です。さらに、回収することになった場合は、回収の費用や本を処分する費用がかかります。間違った情報によって、被害を受けた人への対応も必要になることもあるでしょう。

かといって、「ウェブであればすぐ修正できるので、詳しくチェックしなくてもいい」というわけではありません。記事はすぐ修正できたとしても、間違った情報が知れ渡ってしまっては、記事を修正したところで後の祭りです。

「ペンは剣よりも強し」といいますが、コンテンツは使い方を誤れば取り返しのつかないことになる武器だと思いながら、編集者は記事と向き合っています。

2 解説者になる

編集者は、有益な情報を届けたいと思って編集業務を行っています。そのためには、ただ情報を出すだけではなく、わかりやすく伝える必要があるのですが、編集者はそこで解説者になることが求められます。そこが、編集者の腕の見せ所だといってもいいでしょう。

解説したいと思った部分が改善ポイント

企画作成のために仕入れた情報やライターさんが執筆した原稿を見て、「意味はわかるけどもっとわかりやすく伝えられそう…」と感じたら、そこが改善ポイントです。

そのままで意味は伝わっても、「もう少し詳しく書いたほうが理解は深まるかも」「違う例えで説明したらわかりやすいのでは」ということがよくあります。そこで、自分は解説者であるという意識を持って、読者が理解しやすいコンテンツに仕上げていくのです。
また、そこで改善したことがほかのコンテンツとの差別化となり、コンテンツのオリジナリティにもつながっていきます。

3 ペルソナになりきる

コンテンツづくりの方法論として、ペルソナ設定もよく取り上げられます。設定自体も重要なことではありますが、活用できなければ意味がありません。ペルソナを設定したら、それを意識しながら編集作業を行います。

ペルソナの役割とは?

ペルソナは、ターゲットとなる読者を具体的な人物像に落とし込んだもので、記事の方向性を決める際などに使われるものです。

例えば、30代男性をターゲットとしていても、職業や趣味、生活スタイルなどで、コンテンツの理解度は変わります。設定したペルソナに理解してもらうためには、どんな情報を入れて、どんな情報を入れないか。その判断のために、ペルソナの設定が必要になるのです。

ペルソナのふるまいを想像する

記事を編集する際には、ペルソナのふるまいを想像して記事をチェックします。ペルソナになりきるといってもいいでしょう。

例えば、ペルソナが30代男性のマンション購入に関するコンテンツであれば、自分はそうでなかったとしても、30代男性でマンションを購入したい人になりきって編集します。もしくは、身近にマンションを購入しようとしている30代男性がいれば、その人を想像してみるのもいいかもしれません。
ペルソナになりきると、実際の自分には見えなかった部分が見えてくることがあり、そこがコンテンツのクオリティを高められる部分であるともいえるでしょう。

しかし、完全にペルソナになりきることは不可能です。そのため、ペルソナに近いライターさんに執筆を依頼したり、周囲のペルソナに近い人にアドバイスしてもらったりすることも必要になります。
ペルソナを意識することで、コンテンツのクオリティをより高めることができるのです。

4 妥協しない

コンテンツ編集にあたっては、妥協しないことも重要なポイントです。ペルソナの活用につながることでもありますが、コンテンツに本当に必要な情報かどうかを、妥協せずに判断して編集作業を行います。

コンテンツ制作のためにいろいろと情報を仕入れると、あれもこれもコンテンツに盛り込みたくなってくることがあります。また、クライアントから入れてほしい情報を指示されることもあるでしょう。しかし、最も重要なのは、ペルソナが必要としている情報かどうかということです。そこを妥協してはいけません。

クライアントから入れてほしい情報の指示があったとして、「はい、わかりました」と何も考えずに情報を入れることが、本当にクライアントのためになるでしょうか。それは、そのコンテンツのペルソナが、本当に欲しい情報なのでしょうか。そういったことを意識しながら、編集する必要があります。

5 コンテンツ作成をおもしろがる

ここまで紹介してきたのは、コンテンツ作成で意識しておくべき注意点のようなものですが、コンテンツ作成で最も大切なのは、それ自体をおもしろがるということかもしれません。そのコンテンツに対する熱量や興味は、コンテンツの質を高める原動力となります。

ライターさんの執筆した原稿に、自分では生み出せない表現や視点が入っていたり、これまでに知らなかった情報が入っていたりすると、よりコンテンツ作成がおもしろくなってきます。

この記事で、コンテンツを「使い方を誤れば取り返しのつかないことになる武器」と紹介しましたが、一方で「人の心をポジティブに動かすことのできるツール」でもあるともいえるでしょう。
編集者がコンテンツ作成をおもしろがることで、その熱量が増幅して読者に伝わり、心を動かすことにつながっていくのです。

コンテンツの質を高めるには編集者の意識が重要

コンテンツを作成するにあたっては、その方法論を理解し、実行することが大切です。その前提として、今回ご紹介した5つのポイントが、コンテンツの質を高める上で必要になってくるのです。逆に言えば、質の高いコンテンツの裏側には、こういったことを意識している編集者がいるということでもあります。

ナイル株式会社では、経験豊富な編集者がそろっており、質の高いコンテンツを作成することができます。また、SEOコンサルタントとも連携し、ターゲットにコンテンツをどうやって届けるかといったことまで支援することも可能です。コンテンツマーケティングでの質の高いコンテンツ作成が必要でしたら、ナイル株式会社にお任せください。

Webサイトの運用でお困りではありませんか?

私たちが得意とするコンテンツマーケティングやSEOに限らず、Webの運営・改善に関する総合的な知見を持つ私たちなら、きっと御社の悩みを解決できると考えています。

関連記事

コンテンツマーケティングでお困りの際にはぜひお気軽にご相談ください

実務に役立つeBookが
無料でダウンロードできます

コンテンツマーケティングの
具体的なノウハウを無料でご覧いただけます。

×